上手にできる!セルフジェルネイルの4つのコツ

上手にできる!セルフジェルネイルの4つのコツ

ネイルアートは、今やネイルサロンだけでなくセルフでも楽しめるものになってきました。今まではスカルプチュアという人工爪が主流でしたが、プロでなければ上手に扱えませんでした。しかし最近はジェルネイルが中心になったことで手軽に扱え、ジェルネイルキットを持っている人も増えています。

 

ですが、ジェルネイルは案外コツが必要で、ネイルサロンで施術してもらった時のように上手にできないことも。そこで今回は、セルフジェルネイルを上手に楽しむ4つのコツをご紹介いたします。

 

1.すぐに浮いてしまう!原因は下処理にあり

 

せっかく綺麗に仕上がったジェルネイルなのに、数日たったら根元が白っぽく浮いてきてしまうことがあります。引っ掛けたりぶつけたりしたわけでもないのに、なぜか浮きやすいという人も多いのでは?

 

実は、爪は常に振動にさらされています。パソコンのキーボードを打ったり、物を掴んだりという動作が爪に振動を与え、これがジェルを浮きやすくしてしまう原因に。また、ジェルネイルは水分に弱いので、お風呂や食器洗いなどで浮きやすくなります。

 

これを解消するために必要なのは、下処理。爪の根元にある甘皮をきちんと除去する・プライマーを使って密着度を上げる・しっかりと油分やダストを取り除くなどの工程が大切になり、どれかが不十分だとジェルが浮きやすくなってしまいます。すぐに浮いてきてしまう人は、下処理がきちんとできているか確認してみましょう。

 

 

 

2.ネイルサロンのようにツヤが出ない!拭き取り方法の見直しを

 

上手にできたジェルネイルも、最後のトップコートが失敗すると美しい仕上がりにはなりません。特に多いのは、最後のトップコートで未硬化ジェルを拭き取ったらツヤが出なかったという失敗。ネイルサロンでは未硬化ジェルを拭き取ったあとはツヤツヤの状態ですが、自分ではそのツヤが出せないというのも少なくありません。

 

この場合、まずは硬化時間の見直しを行いましょう。ライトに当てる時間はジェルによって異なりますし、UVランプとLEDライトの違いでも異なります。自分のライトとジェルを見直し、硬化時間が合っているか確認しましょう。

 

クリーナーでの拭き取りの工程では、クリーナーをたっぷり使って拭き取るのがツヤを出すコツ。少量のクリーナーで拭き取る・拭き取りに使うワイプを使いまわすというのはトップコートを曇らせる原因になります。常に綺麗なワイプで、たっぷりのクリーナーで拭き取るようにしましょう。

 

それでもツヤが出せないという場合、うまく拭き取れていないのが原因のことと思います。この場合は硬化させるだけで済むノンワイプのトップコートを使うのがおすすめです。

 

3.カラーがムラになってしまう!うまく塗るには二度塗りが大切

 

ジェルネイルで上手にできない理由の一つに、色ムラが出てしまうというものがあります。ムラが出るのは筆に取るジェルの量が適切でない場合が多く、少ないとムラが出やすくなります。しかし、逆に多すぎると今度は表面に凸凹が生じ、滑らかで美しい仕上がりが手に入りません。

 

上手に塗るためには、ジェルを少なめに筆に取って乗せていくことが大切。足りない部分には少しずつ足して塗っていきます。少なすぎると刷毛のムラも出て綺麗になりません。一度に沢山のジェルを乗せることは、硬化不足も招くので注意しましょう。

 

また、プロでも一度で完璧な色を出すことは難しく、基本は二度塗りです。色の濃さにもよりますが、まずは一度目に全体をしっかりと塗り、二度目で仕上げるイメージで色を乗せていくといいでしょう。

 

4.はみ出して固まってしまう!はみだしは除去してから硬化すること

 

気付かないうちにジェルネイルが爪からはみ出し、皮膚についていることがあります。そのままライトを当てると固まってしまうので、硬化させる前に必ず全体を確認しましょう。もしもはみ出してしまったら、ウッドスティックなどを使って綺麗に取り除きます。気付かずに硬化させてしまった場合、そこから浮いてくる原因になるので慎重に確認するのがおすすめです。

 

また、何度かやってみてもはみ出すというときは、ジェルのテクスチャが柔らかすぎることも考えられます。ジェルには「硬め」「柔らかめ」と2種類のテクスチャがあり、硬い方が流れにくく、柔らかい方が流れやすいという特徴が。柔らかいテクスチャでは塗ったそばから流れてしまうのではみ出しやすくなります。ジェルネイルになれていない人やうまく塗れないという人は、少し硬めのテクスチャのジェルを選ぶといいでしょう。

 

硬めのジェルの場合、ライトを当てる前に少し時間をおかないと表面に凹凸が出やすくなります。硬めのジェルはセルフレベリングを待ってから硬化すれば上手に塗ることができます。

 

まとめ

 

セルフネイラーにも徐々に人気が高まってきているジェルネイル。せっかくなら上手に塗って綺麗に仕上げたいものですよね。ネイルサロンのように美しい仕上がりにするには、今回ご紹介した4つのポイントに注意してみるといいでしょう。

 

ライトに当てる時間や筆に取る量など、ほんの少しのことでもジェルネイルの仕上がりには差が出ます。コツをつかんでセルフでも綺麗なジェルネイルを楽しんでみてくださいね。


このページの先頭へ戻る